脱毛までの道のり

父親が毛深いため私も小学校高学年ぐらいから毛深いことを気にして悩んでいました。
カミソリで処理したり、毛を引っ張って抜いたりしていました。
それを繰り返していたせいか、毛穴が目立つようになり、カミソリで剃っても毛穴が気になって肌を出すのが嫌になってしまいました。

そのため、制服の時以外は長ズボンを履いたり、タイツを履いて隠すようになっていました。
短大に入り、周りで脱毛をしている友達がいてその子の話を聞いてから脱毛しようって心に決めて、まずはカウセリングに行きました。
銀座カラー表参道店【店舗案内】予約状況のチェックはこちら
バイトで貯めたお金しかなかったので、とりあえず一番気になる、足上下とワキを契約し脱毛を始めました。
脱毛の後、毛がポロポロって抜け落ちて取れていくのが分かり、感激でした。回数を重ねる度に自己処理がどんどん楽になっていきました。肌触りも全然違くて、自信を持って足を出せるようになりました。それから就職して稼ぐようになってから、脱毛をする箇所を増やしていき、腕上下や背中上なども始めました。

結局、箇所を増やしていくうちに色々な箇所が気になりだしたのでこの際全身脱毛に切り替えてしまった方がいいのではと思い、思い切って全身脱毛に切り替えました。結構、高いお金をつぎ込んでしまいましたが、脱毛をして本当によかったです。

Both comments and pings are currently closed.